プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報保護方針


1. 個人情報保護の目的

 フューチャー・アンティークス株式会社(以下当社)は、主業務であるコンピュータシステム・ソフトウェアの開発及び派遣事業において、お客様や取引先など、ビジネスで関係するすべての方々ならびに当社従業員の「個人情報」を大変重要なものであると認識しております。そして、その取り扱いには十分注意を払い、その保護に努めております。お客様から提供された個人情報を、お客様の承認に沿って利用させていただくために、当社では以下の通りルールを定め、役員を含む当社従業者および外部委託業者に周知・徹底させております。

 当社では、個人情報を適切に取り扱うため、以下の保護方針を定め、個人情報の保護に努めてまいります。

1の2. 個人情報の定義

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものとします。なお、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます。また、マイナンバー等の個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。以下「個人情報保護法」と言います)第2条2項の「個人識別符号」を含みます。

2. 個人情報の取得について

当社が個人情報の取得を行う場合は、利用目的の達成のために必要な範囲のみ取得します。また、適法且つ公正な手段を用い取得します。
当社の利用目的は以下のとおりです。
① 契約者及び利用者(以下「契約者ら」と言います)の個人認証及び契約者らに対する本サービスの提供
② 本サービスの利用に伴う契約者らへの連絡・メールマガジン・DM・各種お知らせ等の配信・送付
③ 属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等に基づく契約者らに対する広告・コンテンツ等の配信・表示
④ 本サービスの改善・新規サービスの開発・本サービス利用状況の調査・分析およびマーケティング
⑤ キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の実施
⑥ 本サービスに関するご意見、お問い合わせ、クチコミ投稿内容の確認・回答

3. 個人情報の利用について

① 当社が取得した契約者らの個人情報は、適切に管理し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(利用、提供等)を行いません。
但し、以下の場合を除きます。
 一 法令に基づく場合
 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、契約者らの同意を得ることが困難であるとき。
 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、契約者らの同意を得ることが困難であるとき。
 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、契約者らの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
② 当社が利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、契約者らに通知し、又は(https://lp.attenly.biz/privacy-policy/)に公表致します。
③ 当社では、目的外利用を行わないための措置を講じます。

3の2. 要配慮個人情報の取得

当社は、個人情報保護法第17条に定める場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他契約者らに対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報(個人情報保護法2条3項所定の要配慮個人情報)を取得しません。

4. 個人情報の適正管理について

当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報の漏えい、滅失、き損などを確実に予防します。また、市場のセキュリティ事故の実例、お客さまからの御要望などにより改善が必要とされたときには、速やかにこれを是正し、予防に努めます。

4の2. 第三者への提供

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ契約者らの同意を得ないで、個人データ(個人情報保護法第2条6項)を第三者に提供致しません。
 一 法令に基づく場合
 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、契約者ら本人の同意を得ることが困難であるとき。
 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、契約者らの同意を得ることが困難であるとき。
 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、契約者らの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

4の3. 開示・訂正・利用停止等

① 契約者らは、当社に対し、保有する個人データの開示を請求することができます。
② 当社は、前項の規定による請求を受けたときは、契約者らに対し、政令で定める方法により、遅滞なく、当該保有個人データを開示致します。ただし、開示することにより次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示しないことができます。
 一 契約者ら又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
 二 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
 三 他の法令に違反することとなる場合
③ 契約者ら、当社に対し、当該本人が識別される保有個人データの内容が事実でないときは、当該保有個人データの内容の訂正、追加又は削除(以下この条において「訂正等」という。)を請求することができます。
④ 当社は、前項の規定による請求を受けた場合には、その内容の訂正等に関して他の法令の規定により特別の手続が定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、当該保有個人データの内容の訂正等を行うことと致します。
⑤ 契約者らは、当社に対し、当該本人が識別される保有個人データが、本ポリシーに違反して取り扱われているとき又は本ポリシーに違反して取得されたものであるときは、当該保有個人データの利用の停止又は消去を請求することができます。
⑥ 当社は、前項の規定による請求を受けた場合であって、その請求に理由があることが判明したときは、違反を是正するために必要な限度で、遅滞なく、当該保有個人データの利用停止等を行ないます。ただし、当該保有個人データの利用停止等に多額の費用を要する場合その他の利用停止等を行うことが困難な場合であって、契約者らの権利利益を保護するため必要なこれに代わるべき措置をとるときは、この限りでありません。

5. 法令遵守について

 当社は、個人情報保護法その他の個人情報に関連する法令及び国が定める指針その他の規範を遵守します。また、これらの法令及び国が定める指針その他の規範に当社の管理の仕組みを常に適合させます。

6. 継続的改善について

 内部監査及び個人情報保護マネジメントシステムレビューの機会を通じて、管理の仕組みを継続的に改善し、常に最良の状態を維持します。

7. 苦情及び相談への対応

 当社は、個人情報に関する苦情及び相談には適切な体制を整備し、マニュアルに則り対応します。

個人情報の取扱いに関する苦情相談の申し出先
フューチャー・アンティークス株式会社
個人情報保護管理者:石原 靖子
東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟1B
E-MAIL  info@futureantiques.co.jp

制定日 2007年12月1日
改訂日 2016年12月1日
フューチャー・アンティークス株式会社
代表取締役 林 高浩
代表取締役 篠田 和典